長谷川工業所では金属プレス成型加工をメインとしながら、三次元ワイヤーフォーミング加工機も導入しており、金属板材&ワイヤーロッドの複合製品の製造を得意とします。⾧谷川工業所は、製造業界における創造メーカーとして、既存の枠にとらわれることなく、“革新的なモノづくり“に挑戦しつづけます。

WORK FLOW
業務の流れ

1 .受注

お客様からの製品のご注文を受け、迅速な在庫確認や資材調達、そして各関連加工指示などの総合的なオペレーション作業をここで行ないます。。

2 .加工

製造オペレーターが事務所と連携を図りつつ、お約束した品質と納期を守りながら、各工程における安全順守作業で製造対応を行っております。

3 .梱包

製造スタッフとの連携作業で、流れるように手際よく梱包してゆきます。数量や品質の最後の確認も重要な仕事であり、高い集中力と正確さが求められます。

4 .出荷

お客様へ製品をお届けする最後のチェックポイントとなります。弊社には828パレットの自動倉庫を完備しており、迅速・確実にお届けできるよう万全の体制を整えております。